コロナ感染予防による皮膚トラブルについて

緊急事態宣言が出されました。変わらず感染のリスクにさらされながらお仕事に従事されているかたも、ご自宅中心の生活をされているかたも、みなさま大変な思いをされていることと思います。

この感染症に対し、直接皮膚科で貢献できることはありませんが、感染予防に際して起こりうる皮膚トラブルを解消していただけたら幸いです。

 

マスク着用によるトラブル

長時間のマスク着用により口周囲のニキビや肌あれ、乾燥にお悩みのかたは多いでしょう。

ストレスやホルモンバランスの乱れに加え、マスクのごわごわによる摩擦や乾燥により、皮膚のバリア機能が低下し、ニキビができやすくなります。今はマスクの素材まで選べる状況ではありませんので、肌ざわりのよいコットンパフなどをあいだにはさむのも方法のひとつです。さらに化粧下地を保湿力の高いものにしたり、保湿ケアをしっかり行なうことも摩擦や乾燥対策になります。

また、マスク内のムレにより雑菌が繁殖しやすくニキビ悪化の原因となるほか、汗そのものが刺激となり皮膚炎を起こすこともあります。汗をかいたらマスク内の清潔に気をつけながらやさしく拭きとりましょう。

thumbnail_mask_ng_ok_woman   biyou_hadaare

 

頻回な手洗いや手指消毒による手荒れ

感染予防のためには手洗いが大変重要な役割を担っていますが、石けんや消毒液を使用して繰り返し洗浄していると、表皮のたんぱく質を傷つけ皮脂を過剰に取り除いてしまい、バリア機能を損なうことになりかねません。

ですが感染予防には大切なことなので、手洗いは必要なタイミングできちんと行ないましょう

tearai_hand_suidou     gurafa

とにかく手荒れを予防するにはこまめにハンドクリームを塗ることです。手洗い後はもちろん乾燥感を自覚したら塗る、これを繰り返すことが必要です。
また、夜間のケアとしては綿の手袋を装着する、べたべた塗るのを嫌がるお子さまでしたら入眠した頃を見計らって塗ってしまうなど工夫してみましょう。使用するクリームとしては、無香料で添加物の少ないシンプルなものがよいでしょう。

市販のものが合わない場合や手荒れの症状が強い場合はご相談ください。

 

 

2020年4月20日12:06 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。