アトピー性皮膚炎と治療

アトピー性皮膚炎のかたの肌は、もともと皮膚が乾燥しやすくバリア機能が低下して、外界からの刺激に弱い状態にあります。そのためハウスダストや化学物質などのアレルゲンの侵入を容易にし、皮膚の炎症を起こします。さらに、かゆみを感じる知覚神経が、皮膚の表面のほうへ伸びてくるため、かゆみを感じやすくなります。

atopy

 

アトピー性皮膚炎の治療
①薬物療法
内服薬や外用薬(ステロイド、免疫抑制剤、保湿剤)、注射薬(当院で扱いがありません)などで皮膚の炎症やかゆみをおさえます。

medicine_nurigusuri1  medical_steroid
②スキンケア
入浴やシャワーで汗や汚れを落とし、皮膚を清潔にし、保湿ケアでうるおいを保つようにします。これを徹底し皮膚のバリア機能を整えます。

スキンケア
③原因と悪化因子の除去
日常生活のなかで原因や悪化因子をみつけ、可能なかぎり除去するように心がける必要があります。

従来のステロイド剤やタクロリムス(プロトピック)外用薬の他に、新しい外用薬が発売となりました。これは前述の2種とはちがった作用でアトピー性皮膚炎の炎症やかゆみを抑えるお薬です。
刺激がなく顔や首にも長期に使用できると期待されています。いまのところは16歳以上が適応となっています。

 

アトピー性皮膚炎の治療の目標は、日常生活に支障がない状態を長期に維持することです。いい状態をキープできるよう、定期的に受診されることをおすすめしています。

 

 

2020年7月16日2:59 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。