夏の暑さや疲れ、ストレス、そして帯状疱疹

帯状疱疹とは
子どもの頃に水ぼうそうにかかるとウィルスはそのまま神経の中に潜んでいます。一生そのウィルスは排除されることなく潜み続け、加齢や心身の疲れ、ストレスなどで免疫力が低下すると、ウィルスは再び活性化することで帯状疱疹を引き起こします。

皮膚の症状
最初はピリピリとした皮膚の痛みで始まることが多いようです。それから徐々に赤みとぶつぶつ、さらに水ぶくれがあらわれます。水ぶくれがやぶれるとジュクジュクしたただれ状態となり最終的にかさぶたになって取れていきます。この皮膚の症状は通常2~3週間で治癒します。一般的に身体の左右どちらかの神経に帯状にあらわれるのが特徴的です。

痛みの症状
個人差はありますが、はじめに神経痛のような痛みが起こります。この痛みは、皮膚の違和感やかゆみ、しびれとして感じる程度から、ピリピリ、ズキズキ、チクチク、針で刺されるような、焼けるような、など、感じかたは様々です。痛みが強くなると日常生活や睡眠にも影響が出るほどです。
帯状疱疹後神経痛は、皮膚症状が治癒しても神経のダメージが残り痛みが続いてしまう状態をいいます。一般的な内服鎮痛薬で痛みのコントロールがつかない場合は、痛みの専門外来(麻酔科やペインクリニック)で治療を受ける必要があります。

治療
ウィルスの増殖を抑える抗ウィルス薬を内服します。発症から早い段階で治療開始できれば痛みなどの症状の長期化を防ぐことにもつながります。皮膚症状に対しては皮膚の保護や、ジュクジュク期の感染予防のための塗り薬を使うこともあります。

生活上の注意
水ぼうそうにかかったことのない赤ちゃんやお子さま、妊婦さんに水ぼうそうとしてうつすことがあるので接触しないよう注意が必要です(かさぶたになるまでは患部を覆うこと、さらに唾液中にもウィルスは排出されているので気をつけましょう)。
患部の痛みは温めると和らぎます。お風呂もおすすめですが、患部がジュクジュクしているときは細菌がつきやすいので湯船は控えた方がよいでしょう。
患部は清潔に。1日1回は石けんでやさしく洗いましょう。
お酒を飲むと血管がひろがり炎症などの症状が悪化することがありますので控えた方がよいでしょう。
疲労やストレスが発症の引き金であることが多いので、無理をせずゆっくり休みましょう。

 

2021年7月5日2:50 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30  
15:00~18:30    

※木曜午前は9:30から12:00まで。
※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。