冬の皮膚トラブル

冬になると、寒さや空気の乾燥が原因の皮膚トラブルが起こります。トラブルの原因を知り、スキンケアや適切な保温アイテムの使用を心がけ、皮膚の健康を守りましょう。

❶乾燥肌
空気の乾燥によりお肌もカサカサしてきます。乾燥するとかゆみも伴ない、かいているうちにバリア機能が低下し、アレルゲンや菌、ウィルスなどの侵入を許してしまいます。さらにかゆみが強くなってかいてしまうことで湿疹化のリスクも高まります。※くわしくは⇒乾燥肌について

❷あかぎれ
乾燥したりお湯を使うことが多くなると皮脂や皮膚の水分が失われ、主に手足の皮膚がひび割れてきます。ひび割れが深くなって出血や痛みが出てくることもあります。手洗いや水仕事など石けんや洗剤の刺激も原因のひとつになります。冷えと乾燥を防ぐため、外出時の保護・保温、手作業や水仕事中の保護のため、手袋を有効に活用し、こまめに保湿ケアをしましょう。あかぎれ状態になると保湿だけでは治りませんので、早めの受診をおすすめします。

❸口唇炎
口唇も皮膚と同じく乾燥します。いまはマスクをしていることが多く、口唇が外気に触れる機会は少ないかもしれませんが、マスク内の蒸れにより荒れやすくなっています。また、マスク装着によりリップクリームをこまめに塗れなくなるため、乾燥がちになると口唇炎を起こしやすくなります。※⇒口唇のケアについて

❹しもやけ
血行障害が原因で手や足に起こる冬の代表的な疾患です。赤く腫れたりかゆくなったりします。悪化すると皮膚潰瘍に陥るのであなどってはいけません。※⇒しもやけについて

❺低温やけど
湯たんぽや電気カーペット、使い捨てカイロなどの使用によるやけどで、低めの温度でも長時間使用し続けることで生じる恐れがあります。熱いと感じたらすぐに使用をやめることで予防できますが、使用したまま入眠してしまうとやけどを起こすリスクが高まります。※⇒低温やけどについて

お困りのかたはいつでもご相談ください。症状がひどくないうちに治療することが大切です。

 

2022年1月6日12:05 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30  
15:00~18:30    

※木曜午前は9:30から12:00まで。
※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。