お肌の乾燥

冬は大気が乾燥するのでお肌の乾燥が目立ってきます。

≪乾燥肌のメカニズム≫
皮膚の表面は、表皮と呼ばれる細胞の層があり、いちばん外側に角層が存在しています。角層は皮膚のバリア機能(外部の刺激や異物から肌を守りつつ水分を閉じ込めておく機能)の役割を担っているほか、水分を保持して皮膚をみずみずしくなめらかに保ってくれています。角層の水分量の低下した状態が乾燥肌です。

もともと乾燥しやすい体質ではないかたも、冬や冷暖房のきいた室内は湿度が低く乾燥しており、お肌も乾燥しやすくなります。また、ほこりや花粉、紫外線、加齢なども乾燥の原因となります。カサカサ感や入浴後のつっぱり感、粉をふく、かゆみなどがあると乾燥肌といえます。

≪乾燥肌の予防はスキンケア≫
❶スキンケアアイテム
スキンケア用品は市販でもたくさん種類があります。形状や効能のほか香りを楽しむものなどさまざまです。スキンケアの基本は継続することです。まずは、ご自身にあったもの、塗りやすく続けやすいものを使うことをおすすめします。
お肌が弱く市販のもので合うものを見つけられないお困りのかたは、こちらでも処方やご紹介が可能ですのでご相談ください。

❷タイミング
顔や体は朝晩しっかりケアできるとよいと思います。最低でもお風呂上がりは必ずケアが必要です。入浴後はお肌の水分が失われやすいので、衣服を着る前に一気に塗ってしまうのがおすすめです。
手の場合は、頻回に洗ったり水仕事や手作業など刺激を受けやすいので、手洗いやひと仕事終えるたびにハンドクリームを塗る習慣をつけることが大切です。

❸刺激をあたえない
身体を洗ったりお化粧を落としたりする際にゴシゴシこすらないこと、また、スキンケアの際にもすりすり摩擦を与えながら塗らないことを心がけましょう。
お肌に何かを塗る際は、優しくなでるように塗り、表面に、ある程度のべたべた感が残った状態で終えましょう。(ティッシュが張りついて落ちない程度が目安です)

body_cream        gurafa

 

乾燥肌を放っておくと・・・
バリア機能が低下してしまい、ちょっとした刺激にも弱くなったり細菌が侵入しやすくなり皮膚炎を引き起こす、皮膚炎のせいでかゆみが強くなり、かいてしまうとさらに荒れて症状は悪化、、、と負の連鎖が始まります。
また、乾燥肌は皮脂がつまりやすくなっているのでニキビの原因にもなります。さらに水分と皮脂が少ない状態なので、肌を守ろうとして角質が固くなり、シワの原因にもなりえます。

乾燥肌は、こじらせてしまい皮膚炎にまで発展してしまうとなかなか自力では治せないものです。たかが乾燥と楽観視せず、早めにご相談いただけたら幸いです。

 

2021年12月8日3:56 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30  
15:00~18:30    

※木曜午前は9:30から12:00まで。
※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。