夏の肌トラブルについて

例年にはない暑さのなか、いかがお過ごしでしょうか。熱中症にはじゅうぶんに気をつけつつ、この季節を楽しくお過ごしいただくために、夏に起こりやすい肌トラブルと対処法についてお話しいたします。

①強い日差しによる日焼け
プールや海に限らず、常に強い日差しが照りつけています。肌の露出をなるべく少なくしたり、日焼け止めはこまめに塗りましょう。(日焼け止めのサンプルをご用意しています)

→日焼けしたお肌は軽くやけどしている状態です。冷たいタオルや保冷剤で冷やし、刺激のない保湿剤を塗っておきましょう。水ぶくれができたり、痛みがある場合は診察をおすすめします。

summer_hiyakedome_13996-300x225    KODAK Digital Still Camera

②汗による皮膚炎
かいた汗をそのままにしておくとそれが原因で湿疹やかぶれ(接触性皮膚炎)が生じたり、アトピーなどを悪化させる恐れがあります。また衣類やアクセサリーが汗で肌に密着しかゆみを誘発します。かいた汗はそのままにせずやさしく拭き取ったり洗い流し、汗でぬれた衣類はすみやかに着替えましょう。

→湿疹をかいたりこすったりすると広がったり、菌がついて感染を起こしたりすることがあります。患部を冷やしたり石けん洗浄で清潔にし、ひどい場合は早めに治療したほうが悪化させずにすみます。

ondanka_earth             asefuki_sheet

③植物によるかぶれや虫刺され
アウトドアでは様々な虫や植物に触れてしまいます。まずは接触しない工夫として、肌の露出を少なくしたり虫よけなども用意しましょう。

→かぶれたり刺されたりした場合は患部を冷やし、手持ちの塗り薬を使い、かかないようにします。単なる虫刺されでもかきこわして傷になり感染を起こすと蜂窩織炎のような重症にもなりかねません。腫れがひどくなったら早めに受診してください。

summer_mushitori         family_camp

④夏の乾燥肌
夏もエアコンや日焼けの影響で肌は乾燥します。しっかり保湿しバリア機能を補うことで肌のトラブルを防ぐことにつながります。肌が弱いと感じているかたは特にしっかり保湿しましょう。

 

なにかお困りの症状があるかたは、早めの受診をおすすめします。

2018年8月10日9:17 AM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。