陥入爪について

◆陥入爪とは
陥入爪とは、爪の角が周囲の皮膚に刺さって炎症を起こした状態で、放置すると患部に肉芽(慢性的な炎症によってできる赤く柔らかい組織)が生じてしまうこともあります。患部が腫れて化膿したり、歩行時に強い痛みを伴なうなど、日常生活に支障をきたすケースもあります。

◆原因
深爪や、合わない靴を履きつづけることによる圧迫がほとんどです。

◆治療  ※当院で行なう保険治療
①抗生剤内服・外用
患部に感染が見られる場合に行ないます。
②テーピングや綿詰め
テープを貼って爪と皮膚を引き離すことで食い込みを防ぎます。また、爪を浮かせるように綿をはさみ込むこともあります。ご自宅で簡単にできる方法です。
③肉芽に対する冷凍凝固術(液体窒素)
肉芽を液体窒素を用いて除去する方法です。一回では取りきれないことがほとんどで、通院が必要になります。

◆予防
爪の切り方が重要です。
できるだけ入浴後などの爪がやわらかいときに、われないように端から少しずつ切るようにします。先端は指と同じ長さで四角い形にし、両角を短く切り落とさないようにしましょう。

IMG_0008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月16日3:01 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単に済ませて悪化することがよくあります。
私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。

町屋皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-6411-1020まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※土曜日は毎週9:00から13:00まで。日曜祝日は休診。